ことばに咲く。

色々模索しながら生きてます




来来来世の人生設計をしよう


f:id:sun0flower5386:20180805083121j:image

来世は火星人になるつもりです。

火星人というと少し語弊があるかもしれないのですが、詳しく述べると火星で生まれた元地球人。性別は女の子がいいなぁ。なんやかんやで女の子、楽しいですからね。

 

 

 

 

来世の頃には地球人の多くが火星へ飛び立っていて、ひいひいひいおじいちゃんくらいは地球で暮らしていたことにしよう。地球を半ば捨てたような形で新しい地へと踏み出した我ら"火星人"の姿は、地球中で常時AR中継をされたりしている。地球と火星はいつも繋がっているのだ。

 

 

 

来世は人類が新しいタームを迎えたと言って問題ないだろう。

人はあらゆる偶然が重なった結果、急速に発展し、コミュニケーション手段を巧みに生み出し、助け合い、殺し合い、地球を破壊しながらついには宇宙というフィールドを本拠地にするまでに至った。もはや彼らの人生が地球だけで完結することはない。自ら望んで意図的に生活範囲を拡大した。人類は二次性徴を果たしたのだ。

 

 

 

そんな中で私は火星で生まれることになる。

 

 

 

地球へ行くのは簡単だけど、地球はもう住みづらくなってしまっている。天候はあまりに激しく、資源は底をつき、生物はほとんど残っていない。言うまでもなく、人類が破壊してしまったためだ。

 

 

 

ああ、かつての地球の姿とは一体どんなものだったのだろうか。

 

 

 

透き通る水と萌える緑の惑星、地球。そこで生まれたらしい沢山の叡智が火星学を発達させてきた。かつての地球に想いを馳せることは楽しくて切ない。もう決して文書や動画に残る地球の姿を、人類が目にすることはないのだから。

 

 

 

火を起こして暮らしていた時代、人間とは何かと問うていた時代、科学技術の可能性に目を輝かせていた時代。新しい発見が次々と生まれて、芸術やエンターテイメントが発展したりもした。今でも形を変えて残っているものはあるけれど、そんな新鮮な感情は今の私には持ちようが無い。

 

 

 

紙とペンを使っていた時代、人はどういう気持ちで机に向かっていたのだろう。確実に不便なその状況だからこそ、私には持ちようがない感情があったはずだ。当たり前だけど、今と昔は違う。

 

 

 

誰かを思って空を見上げても、空は青くない。

風は季節を知らせてくれない。

お日様の香りなんて分からない。

 

 

 

地球の自然の中で生きた先人を羨む。なんて贅沢な環境で暮らしていたのだろう!いいなぁ。強すぎる人工の光じゃなくて、嫌になるくらい正確な人工の生物でもなくて、本当に原子や細胞のはたらきによって生まれた地球上の自然を、地球人はどうして愛せなかったのだろう。愛しているが故に、壊してしまったのだろうか。

 

 

 

そんなことを考えながら、身体が次第に火星に順応していくのを静かに感じる。私の祖父母は、まだ火星で暮らすのはどことなく息が苦しい、地球のようにはいかないと嘆いていたけれど、私はそんなの微塵も感じない。目が、皮膚が、臓器が、環境に合わせてミクロレベルで変化しているんだ。

 

 

 

私は地球人(地球に生まれて地球で暮らしてた人)と結婚する。だけどついには地球での生活は危険とみなされ、全人類に地球進入禁止令が発動される。地球と人類の、永遠の別れだ。

 

 

 

地球上の自然を見せてくれるバーチャル技術は素晴らしいが、結局は紛い物である。私の子どもは一生地球に足を踏み入れることはない。

 

 

 

新しい惑星を求めて、人類の歴史は早々に次のステージへと動き出す。図太く、いやらしく、素早く、小賢しいのが人類だ。生き残るためだったら、手段は選ばない。絶望するほど自己中心的。だけど仕方ない、そんな地球人の血が、私にも通っているのだ。

 

 

 

そして最期は地球と家族を想って目を閉じる。そんな来世にするつもり。

 

 

 

なーんてたまには妄想から逆算して、現世はどんな風に生きようかって考えたっていいじゃない。

地球さいこー、あいしてるよ。