アンダルシアの犬

Un Chien Andalou

「自分を信じる」ことを諦めた心地よさ


とても暖かい日が続き、ついに半袖を引っ張り出してしまいました。日が昇るのも早くなって、なんだかすごく嬉しくなってしまいます。

 

 

 

私事ですが、最近生活が一変しました。

 

 

 

学生から社会人になって、一人暮らしを始めて。研修を受けたり、歓迎していただいたり、新しい仲間、上司と出会ったり。日々が目まぐるしく、儚いからこそ美しく過ぎていきます。

 

 

 

そんな中で、最近すごく感じることがあるんです。それは、ありきたりですが「人に恵まれている」ということ。

 

 

 

これまで本当にたくさんの人と出会ってきました。もちろんあなたもそうだと思うのですが、私はちょっと自慢したくなるくらいに、これまで出会ってきた人たちが大好きなんです。

 

 

 

起業したたくさんの社長たち、親を知らずとも立派に家庭を持っている女性、日本文化に嫌気がさして海外でのびのびと生きている通訳者、看護を学ぶためにNPOから学校へ進んだ女性、大企業で自己実現させた人、自分らしさを求めてフリーランスになった人、つまずき迷いながらも周りを支え続けるアーティスト、自分の過去を繰り返さないために団体を立ち上げた学生、…。

 

 

 

挙げたらきりがないですが、私は本当にたくさんの人に支えられてきたんだと、今になってすごく感じます。それは仕事中にも感じますし、暮らしの中でも感じます。

 

 

 

彼らにとっては、私を支えるつもりなんてないでしょう。でも私にとっては、彼らの価値観に触れ言葉を交わしたことが、経験として積み重なって、大きな優しい支えになっています。

 

 

 

自分に自信がなくたって、私は彼らのことだったら、本当にすてきな人たちだと胸を張って言える。そう気付いたとき、自信を喪失してもなお、「自分を信じなきゃ」と焦っていたのが馬鹿馬鹿しく感じられました。

 

 

 

私はなかなか自信を持つのが苦手で、そのことで自己嫌悪に陥ったりもするのですが、別に「自分を信じられなくてもいいや」と思えたんです。

 

 

 

自信を持ち続けられる人なんて、きっと居ない。周りと比べて上を見上げればきりがなくて、そして下を見下ろしてもきりがない。それは、自分1人で立っていると錯覚するからそう見えてしまうのかもしれません。

 

 

 

自分を信じれないなら、これまで出会ってきた人たちを信じてみる。1人で前を向くのではなくて、横にいる人たちの笑顔をもう一度見つめてみる。惹かれたものの力を信じてみる。その方がずっと幸せだし、ずっと力が湧いてくる気がする。

 

 

 

自分を信じられない自分に絶望することをやめて、他人を信じられる自分に胸を高鳴らせて。そうやって生きていきたいなと思った、社会人1年目の春です。


あなたとの出会いにありがとう。またいつか。