ことばに咲く。

色々模索しながら生きてます




【親子関係って大事だよね】という話


f:id:sun0flower5386:20180305101424j:plain

 

そのままなんですけど。

 

本当に、親子関係って大事。

私は幸運にも素晴らしい両親のもとに

生まれたわけだけど。

 

だけど私の父は両親に捨てられてて、

どこか寂しさを背負っている気がする。

それは、取りたくても消せない傷跡のようなもの。

 

親子関係がこんなにも成長に影響するのって、

人間だけじゃないのか。

 

良く知らないけれど。

 

ペットとかはさ、人間が母親代わりになって、育ててあげられる。

(彼らも本当はつらいのかな)

 

動物は簡単に子どもを捨てる。

 

それは悲しいことなのか、

それとも自己防衛能力として称賛されるべきなのか。

いまいちわからない。

 

昔、私はなぜ父が捨てられなければならなかったのかと

憤りを感じていた。

 

会ったこともない祖父母を想像して、

吐き気がした。

 

子どもを平気で捨てるような奴と、

血がつながっていることが嫌だった。

 

そんなことよくできるな、と。

無駄に心の中で責め立てた。

 

だけど、よく考えたら

私が教育に関心を強く抱くようになったのは、

父の家庭環境が影響している。

 

「育てたくても育てられない」

そんな理由かもしれない。

 

母性を強要する社会はおかしいと思うし、

親を責めたところでなにも変わらない。

 

「子どもを捨てる」

「命を捨てる」

これほど悲しい言葉はない。

 

割り切れたら幸せなのかも。

 

だけどやっぱり、

その先に待ってる絶望感とか

人生の苦しみは考えてほしい。

 

命は重くも軽くもなってしまうから、

本当にこわい。

 

そんなことを考えていた。