ことばに咲く。

色々模索しながら生きてます




「食欲が止まらない」ときに考える、自分の"欲"のバランスについて


f:id:sun0flower5386:20181021103316j:image

何はともあれ食欲の秋である。

 

 

 

ほくほく栗ごはん、あったかい焼き芋、栗の渋皮煮、スタバのかぼちゃフラペチーノ。あぁ秋ってなんて素敵なの。あのクッソ暑い時期を乗り越えた私たちには、たくさんのご褒美が待ち構えている。

 

 

 

食欲の秋。この言葉を考えた人まじで天才。これほど的確に季節と人間の行動とを捉えて表現しているものはない。いや、もしかして"食欲の秋"という言葉があるから、私たちは秋に美味しいものを食べたくなるのかも。

 

 

 

まぁともあれ。"食欲"は、全ての人に与えられている、人間の根本的な欲求のひとつだ。3大欲求とよく言われるのは、食欲、性欲、睡眠欲。これらはみーんな持ってるものだから、まぁビジネスにもなるしある程度理解し合える。

 

 

 

私は前まで、ムショーーーーに食欲があるときは、本当にどうすることも出来なかった。ただただ食べる。食べ過ぎるのである。

 

 

 

そして罪悪感が生まれて、頑張って吐こうとしたり(そして失敗する)、異常なダイエットをしたりしてた。今はそんな事なくなったけれど、当時はキツかったなぁと思う。摂食障害の1歩手前みたいな感じ。原因はよく分からない。

 

 

 

でも今考えると、欲のバランスが上手く調節出来ていなかったんだろうなと思う。食べることで満足を得ることしか頭になかった。感じていたストレスとか違和感の逃げ道として、食欲を選んでいたということだ。

 

 

 

というか当時は中学生とかだしな…さっきの3大欲求で言うと、睡眠欲or食欲の占める割合(満たされる割合)は大きかった。摂食障害とかが起こるのも、ごく普通のことだと思う。

 

 

 

欲の種類は、ライフステージで増えていく気がする。というか、人生は自分の欲を満たすものを探す旅でしかない。

 

 

 

承認欲、達成欲、顕示欲、防衛欲、支配欲、服従欲、排泄欲、回避欲、認知…。3大欲求だけじゃない。本当に、私たちは欲にまみれている。なんていうと、ちょっと厭らしい感じがしてしまうけれど。

 

 

 

人の数だけ欲の種類とバランスがあって、それらを満たす手段も無数にある

 

 

 

例えば承認欲求を満たすために髪を染めて目立って注目を集めても良いし、誰かに自慢できるような素敵な恋人を作っても良いし、ただただSNSのフォロワーやいいねを増やしても良い。何しても、別に良い。きっと良し悪しなんてない。ただ、「自分にとってちょうど良い心地よさ」と出逢えたとき、多分私たちの欲は本当に満たされているんだと思う。そこに少しでも違和感を感じていたら、その”手段”は続けない方がいい。

 

 

 

もし、かつての私に会ったとしたら。「ひょっとすると食べ物に固執しなくても良いのかもよ?」と笑って声をかけてあげたい。ああ、食欲の秋を満喫できるって幸せ!今日は何を食べて生きようか?