わたしの戯言雑記

りあるボイス

「有能」のレッテルにある棘

f:id:sun0flower5386:20180502073128j:plain

わりと何でもこなす方だと思っていたときが、ありました。

 

 

勉強したら、テストでもそこそこの点数が取れる。

仕事も、ちゃんと頼まれたこと以上のことをしようと努力した。

プライベートも、友人関係も、関わってくれる人は大切にしていた。

 

 

でも、何かが足りなくて、不思議だったんです。

 

 

「本当にすごいね」

「何でもできるね」

「器用だよね」

「弱音吐かないよね」

「自分を持ってるよね」

 

 

全て大切な友人たちからの言葉だけど、それらは心の中に、ちょっとだけ痛い棘のように引っかかってしまった。薔薇のように鋭利なわけじゃない。でも、確かにやわらかい部分に突き刺さっている、小さな黒い棘だ。

 

 

シンプルに受け止めて、これで良いのだ!と思えたら簡単なんだと思う。でも、私は周りからそんな感じで見られてるのかと、少し落胆してしまった。

 

 

 確かに、多くの人から見て有能な人っていうのは、どのコミュニティにもいると思うのです。すごいなと思う人なんて、挙げ始めたらキリがないくらいに。

 

 

でも、彼らは「有能」でも「万能」ではない。万能な人間なんて、あり得ない。

いつの時代も完璧になりたがりな私たちだけど、同時に完璧になれないことは、自分たちが一番よくわかっている。

 

 

たまに「あの人も私と同じ、人間なんだよなぁ」と考えると、なんとも言えない気持ちが襲って来る。同年代で活躍する有名人、海外のモデルやセレブ、好きな女優とかアーティスト、憧れるクリエイター、可愛いあの子、カッコいいあの人。

 

 

「え、まだ17歳なの⁈(私がそのくらいだったときとは、全然違うなぁ…!)」と。

正直そんなの、信じたくない。ってくらい、「いいなぁ」と嫉妬するとともに、「色んな人がいるなぁ。いていいんだなぁ」と、多様性を感じてほっとすることもある。

 

 

時間は平等に降ってくるはずなのに、こうも違うカタチをしているものなのか。

生まれたときのカタチは同じようなものなのに、人は成長するとこんなにも違ったカタチをしている。当たり前なんですが、それはすごく不思議だと思う。 

 

 

もし、誰かに「有能」のレッテルを貼っていることに気付いたなら、その人の一面的な部分しか見れていない自分を省みることをしたいな、と思う。

 

 

理解と勘違いは紙一重で、もしかしたら今考えてること、感じてることの全てが勘違いなのかも知れない。理解したいという気持ちはエゴイスティックなのに、どことなく優しい雰囲気が薄い膜のようにへばり付いている。

 

 

レッテルも言語によってニュアンスが変わる。時代によっても、年齢によっても、もしかしたら性別とか、趣向によっても変わってくる。

 

 

理解したいのにな、でもレッテルを貼るのとは違う、理解の仕方が必要なんだろうな、でもでも。

他のやり方なんて、手探りで泥臭くて時間をかけて、自分の頭と手で考えるしかないじゃんか。

 

 

それが、理解であり、勘違いであるのかも知れない。どんなに優しい膜に包まれていたって、棘は必ずある。

 

 

その棘を猛毒と捉えるか、刺激と捉えるか、あるいは自分の中にある黒い塊を溶かすものとするか、それは、多分誰もわからない。

『ブラック・ジャック』を読んだことがある人生で、良かった

f:id:sun0flower5386:20180612150130p:plain

手塚治虫作品を手に取る若者がどれだけいるかを、私は知らない。

サザエさんドラえもんレベルの国民的漫画作品を生み出していることくらいは分かるけど。でも、サザエさんドラえもん、コナン君、ポケモンみたいにアニメで放映されたり、ゲーム化したりしてない。

 

 


なので、ちょっと手をつけにくいと思う。

「聞いたことあるけど、実際は読んだことない」という人が多いのではないだろうか。周りでも流行ってないし。古典作品を読むより、周りで流行ってる(というか周りと共通の言語になり得る確率の高い)『NARUTO』とか、『ONE PIECE』とか、『東京喰種』とか、『進撃の巨人』とかを読みたくなると思う。

 

 


私もそうだった。

手塚治虫作品への印象は

 

・暗い

・読みにくそう

・怖い

・難しそう

・よくわかんなそう

・大人が好き

・懐古主義的なテレビ番組によく出てくるやつ

・図書館で古びたまま残ってるやつ=紙が茶色くなってる=汚い

・やっぱり怖い

・女の子があんまり可愛くない

・絵があんまり綺麗じゃない

・周りで読んでる人いない

・なのに図書館にはある

・やっぱり怖い

 

 

 

…酷いものです。(ごめんなさい当時の、子どもの頃の印象です…)

 両親が手塚作品好き、とか、何となく小学校の図書館で手に取った、とか、そういった奇跡的なことがなければ、一生この人の作品に目を通すことはなかったのだろう。

 

 

 

私が『ブラック・ジャック』を読むようになったのは、いまいちどんな経緯だったか分からない。でも、一番最初のフックとなったのは、スタジオジブリだった。

 

 

 

私はジブリ作品が好きだ。もののけ姫が一番好きで、その次はハウル。その次は千と千尋の神隠し。大体どの作品も好きで、金ローでやってたら絶対観る。作品も大好きだし、その裏側を知るのもわくわくするのだ。だから宮崎監督の経験談とか、ドキュメンタリーとかを見るのも楽しい。

 

 

 

宮崎駿監督についての、鈴木敏夫Pのインタビューか何かで、「手塚治虫宮崎駿を敵対視している」みたいなことが書かれていた。漫画の新人賞を宮崎氏に送ることになったが、手塚氏が反対しているためにおじゃんになった、というエピソードだ。

↓これだ

dot.asahi.com

 

 

 

ここで私は初めて、「あ、そういえば手塚治虫という漫画家がいた気がする」と思い至った。もちろん詳しく知らなかったが。

そこから紆余曲折あり、さまざまな要素が加わって、ある日私は『ブラック・ジャック』を試し読みし始めたのだった。なんとなく「読んでみるか」と思えたのだ。今思うと不思議である。

 

tezukaosamu.net

 

 

 

 そして、はっとさせられた。

 

 

 

すごい。

惹きつけられるなにかが、そこにはあったのだ。

 

 

 

1973年。今よりずっと前の作品だ。でも伝えることは今でもさほど変わっていない気もした。死神とか巨人とか忍者とか魔法とか学校とか、色々と要素は加わってきていても、伝えたいことの本質は変わっていない。そのことに、少しほっとした。

 

 

 

今の漫画が、あらゆる段階を踏んで構成される難しくて楽しい迷路だとしたら、この作品は一直線に引かれたまっすぐな道だ。不思議なことに、その道を歩くのがとても楽しいのだ。パッと見では分からないキャラクターの魅力が、だんだんとにじんで浮かび上がっていく。複雑な伏線とか、伏線回収劇とか、読者の今の生活とか、そういったものを全て無視しても、ひとえに楽しいのだ。

 

 

 

「人の死」とか、「生きること」について、直球でボールを投げてくる。私たちはそれを受け止めなければならない。

 

 

 

これは子どもにはきついなぁ。と、思った。

むしろ、大人になってから読んだ方が一層味わい深いものになるだろうと。子供の時に読んで、大人になってからもう一度読む、でもいいけどね。二度読むと見方が変わるっていう。

 

 

 

子どものころに感じた、「怖い」感じも、ある意味正しい。怖いのだ。何がって、まぁ絵そのものの描写とかもあるけど。本来目を背けたいことに、目を向けなければならないことが、怖いのだ。でも同時にそれが、最も素晴らしい良さでもあるのだ。

 

 

 

とにもかくにも、私はこの作品に出会ってよかったと心から思った。ともすれば、一生手に取らない類の作品だ。私はこの世界観を知らずに、死ななくて良かった。人生に豊かさを、彩を与えてくれる。よーし、他の作品も読むぞー!幸いにも私は大学の図書館をまだ使えるのだ。著作権切れの2039年までなんて、待てる気がしない。(買えばすむんだけど、ね)

 

 

 

こんな風に思える作品は、なかなかないと思う。本でも、映画でも、人でも。なんでもそうだ。「この時を過ごして良かった」と思えることは、素晴らしいことなんだと思う。

 

 

 

Aという人生と、Bという人生。

どっちがいいかな?と思ったときに、もし一瞬でもつっかかるものがあったなら、迷った方を選んでみたい。勘でもいいんだと思う。

 

 

 

逆のパターンもあるだろう。「くっそ時間無駄にしたわ」みたいなとき。あるわー。でも、そんなのは一瞬で終わることが多い。あんまり覚えてない。そういった経験をたくさんすることで、いざってときの「ビビッ!!」って勘が上手く働く、かも知れないし。

 

 

 

何かに対して「あ、これ(またはこの人)に出会えて自分は幸せだなぁ。素敵だなぁ」と思えたら、その幸せを丁寧に引っ張り出して折りたたんで、心にしまっておくことにしたい。

 

 

 

幸せをありがとう。今日もいい人生だと思えるよ。

「ちょっとエッチ」がいい。たなかみさき作品から考える、性教育とそれから

たなかみさきさんの絵、可愛いですよね。インスタやってる人で、可愛い服のアカウントとかフォロワー多い人をフォローしてる女子は、絶対一度は目にしたことがある絵柄。

 

 

 

ずっと一緒にいられない

ずっと一緒にいられない

 

 


実際のところみんなが良いって言ってるから私も良いと思ってる部分が無きにしも非ずだけど、それを抜きにしても、彼女が描く世界観は素敵だと思う。

 

 

 

www.instagram.com

www.instagram.com

たなかみさきさんが描く女の子は、エッチでどこか懐かしく大好き。

水原希子

 

水原希子さんが言うように、彼女の絵はえっちなのだ。エロではない。エッチなのだ。 

 

 

 

たなかみさきさんの絵を見ていると、つい自らの男女関係について考えてしまう。それが逆に、良いのだ。

 

 

日本の性教育

 

é¢é£ç»å


女の子が性についてオープンに語れる場って、今はまだ少ないと思う。

そりゃあ調べれば出て来るし、なんとも思ってない人だって沢山いるし、カフェであの人が良かったとか避妊がどうのとか、そーゆー話を出来る人もいる。

 

 

 

でも日本社会全体で見ても、あまり寛容な雰囲気とは言えないと思う。綺麗な女優さんはそんな下品なことを言ったらダメとか、そういうことに対してハッキリと明言すること、主張することは憚られるのだ。

  

 


それに、少なくとも私にとっては難しい。

恥ずかしさと謎の遠慮によって、そう言うことからは遠ざかるようにしていた。正直、人に話して何か良い気がしないのだ。

 

 


多分だけど、これは両親の影響も大きい。

我が家では恋愛、性の話は一切しない。彼氏がいても言わない。家族には、決して恋愛相談なんてしない。そんな家だ。

 

 

 

 そんなもんだから、私自身結構きつい。いや、正確には、きつかった。

今は全然気にしてないし、今更変わらなくていいと思っているけど、特に思春期は。そのとき特有の苦しさがある。

 

 

 

性教育は誰が行う?

 ãæè²ã åç ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ


学校でも、ちゃんとした性教育は成り立ってなかったと思う。例えば、「避妊するために必要な道具を答えよ」って保健のテスト問題が出て、子どもたちは「コンドーム」って答える。

 

 

 
簡単だ。

英語のような横文字を覚えるだけ。しかも男子がからかったり、嬉しそうにふざけてたりするから、覚えやすい。

 

 


でも。

 

 

 
それが一体どういうもので、どこに売ってて、どういう風に使って、処理して、…って話は、全くなかった。

 

 


だから、何も知らないのだ。分からないのだ。色々と。挿入って言葉とか、習ったときは読めなかった。フリガナふってあったかもしれないけどさ…いや、読めねぇよ!だから何のことかなんて、さーっぱり分かんないんだ。

 

 

 
大人は隠す。まだ早いからねって言って、大人の玩具だよって言って、隠す。でもそれじゃあ、一体誰が性教育をしてくれるのだろうか?

 

 


…いや、これはもしかして、いわゆるアクティブ・ラーニングの最先端だったのだろうか?主体的に疑問を抱き、それを自ら追求して答えを出し、他者と議論するという、現代では良しとされるあの、アクティブ・ラーニングか?

 

 

 
答えはないんだろうが、まぁ一言で言うと「誰か教えて欲しかったなぁ」ということ。賛否両論あると思うけど、それでも誰かが、ちゃんと知識を与えてほしいと思う。知識がエロ本とかAVとかから入ると、誤解を生む可能性もあるから。

 

 

 
あの産業は、教育とは別の立場であるはずだ。欲を満たすという点で、非常に重要である一方、特有の理解されにくさ、後ろめたさみたいなのが付いて回る。

 

 

 
だから紗倉まなさんとかが活躍している姿はとてもカッコいい。"そういう"業界の偏見に真正面から立ち向かってる。「最低。」観たい。

 

 

 

「たなかみさき作品」が支持される理由

 

少し話がそれたが、たなかみさきさんの話に戻る。

 

 

 

たなかみさきさんが描く男女関係は、女子の「気持ち」にフォーカスしてる感じがする。快感とかそういうものではなくて、「この人が好きだけど、なんでかよく分からない」とか、「恥ずかしいけど、でも」とか、なんかそういう。上手く言葉に出来ない、その空白を埋める感じだ。 

 

 

 そういうのが、支持される根源にあるんだろうなぁ。

もちろん、計算された構図とか色使いとか、もともとのデザイン性もあるけれど。こんな風に、自然と性や男女関係や人そのものについて考えさせらるものって、なかなかない。

 

 

 

江戸時代の春画みたいに、とは言わない。でも少しずつ、性だとかそういうものに対して寛容な雰囲気が社会にもっと浸透したらいいなと思う。